1. サービス一覧

  2. 1日レンタル

  3. 中古で購入

  4. オーダーメイド

  5. 足袋

  1. 5分で着られる着物のファッションショー(ブログ投稿記事4)

  2. ブログ投稿記事のダミーです(ブログ投稿記事3)

  3. 女優さんと芸人さんに体験していただきました。(ブログ投稿記事2)

  4. パーティーにて5分で着られる着物のファッションショーをさせていただきました。(ブログ投稿記…

形、素材、風土など、日本の着物が現在のような形になったのはなぜ?

古くから存在する着物ですが、現在のような形になったのは平安時代以降とされています。それ以前の古代から奈良時代にかけてはズボン型あるいはスカート型の衣服と上衣の組み合わせか、ワンピース型の衣服が大半を占めていました。

しかし、平安時代に入ると着る人のからだの線にとらわれず、布地を直線に裁ち、縫い合わせる方法(直線裁ち)で着物が作られるようになったのです。直線裁ちの着物は簡単にたためるうえ、寒いときには重ね着ができ、暑い夏には麻などの涼しい素材を使うなど、さまざまな工夫が取り入れられて、多くの種類の着物が作られていきました。

こうして今のような形の着物は、日本人の生活の中に溶け込んでいったのです。